【ラックマネジメント】運が良くなる月の習慣、太陽の習慣とは?

🌿開運動画編集者@福ちゃん
あなたは
運がいい状態をたまたまだと思っていませんか?
『運と風水』の専門家@松永修岳さんによると
運は管理できるなんと習慣として身につけることができる!
なんだか、ワクワクしてきませんか?

 

松永修岳さんの
『運が良くなる月の習慣、太陽の習慣』とは?

ごきげんよう
開運研究家で実践家の☆福ちゃんです。

 

今回紹介するのは
松永修岳さんの
運が良くなる月の習慣、太陽の習慣
もっともっと成功できる91の生き方術 です

 

 

運は自分で管理できる!

あなたは
運がいい状態をたまたまだと思っていませんか?

『運と風水』の専門家@松永修岳さんによると
運は管理できる!

 

なんと習慣として身につけることができる!
なんだか、ワクワクしてきませんか?

 

初めに運がいい状態とはどんな状態のことか?
あなたは はっきり説明できますか?

『運と風水』の専門家@松永修岳さんによると
運がいい状態とは
自分にとって好ましい状態のこと

望むことを満足に行えて
嫌なものを身の周りに近づけず
思い通りに人生をコントロールできる。

そんな「運がいい」状態を
ラックマネジメントできると
紹介しています。

 

運は誰でもカンタンに運を呼び込める習慣術だった

運は天体の動きと深い関係がある!

特に
月の力は心身を浄化する夜の習慣として
太陽の力は 体に取り込む朝の習慣として
タッグを組むことで強力な
運気をもたらしてくれるようなのです。


夜と朝の習慣はどれもシンプルで
お金もかからず実行しやすいものばかりです

そんなに簡単でいいの?

と思われるかもしれませんが
劇的な効果にきっと驚かれるはずです

大切なことは順番

今まで、パッとしなかったのは
この順番をムシしていたからです。

 

こんな方におススメします

この松永修岳さんの
運が良くなる月の習慣、太陽の習慣は

*家庭内の人間関係を円満にしたい人
*逆境で運を管理したい人
*幸運体質をつくり健康になりたい人
*仕事運を上げ人脈をどんどん広げたい人
*不運とさよならしたい人

にこういう方にオススメです。

 

松永修岳さんとは(プロフィール)

岐阜県・養老生まれ 経営戦略コンサルタント
『運と風水』の専門家

ラックマネージメント・フォーラム代表
(社)日本建築医学協会理事長
(社)国際風水科学協会理事長

『現代の空海』との呼び声も高く
修験道・空海密教の
大行満大阿闍梨
だいぎょうまん・だいあじゃり)


とはいえ、
現代科学の最新データを基に、
脳科学や心理学と奇門遁甲などの
運命学を統合した独自の理論体系
『ラックマネージメント®』を駆使し
東証一部上場はじめ様々な経営者に経営戦略を指導
国会議員等の政治家のアドバイザーも務められて
いらっしゃいます。

 

 

運について研究し続け気づいたこと

運のいい人たちは 
1日を夜から始めていることでした。

言われてみれば当たり前のことですが
運を自分自身で管理して良いスタートをきるには
前の晩から準備を始めることだったのです。


2度寝したくなるような重たい朝ではなく
前の晩から明日の持ち物、
明日着る服を準備をすることだったのです。

 

朝一番に前日の後始末
お皿洗いや靴磨きから始めるようでは
未来の準備は間に合いません。

また月の満ち欠けに注目すると
満月の日は引力が強まりますので
新しいことを始めたり

成功のビジョンなどを
イメージすると相性が良く

逆に
新月は過去を終わらせる力
悪縁を断つ力が強いので
中止したい取引や別れ話を
するのに適しています。

新しいスタートをするタイミングとは?

新しいスタート
満月の3日前から満月の日にかけて

過去に終わりを告げること
新月の3日前から新月の日までに

取り組むことで
月の女神の恩恵を受けることができます

 

また、夜は良い氣を充電する時間
パジャマやシーツは邪気を吸い取るので
質の良いものを選び
毎日取り替えると良いでしょう

 

調子が悪い時 眠りが浅く 疲労が
溜まっている時は
思い切って
寝る場所を変えるのも1つの手です

 

 

ぜひ、「運がよくなる月の習慣、太陽の習慣」で確認してくださいね。

 

太陽パワーを活用する朝の習慣

 

太陽パワーを活用する朝の習慣は
日光を浴びることからスタートします。

特に朝の7時から9時「ドラゴンタイム」
呼ばれる幸運をもたらすドラゴンを
家にお迎えする時間帯です。

この時間は窓を開けて換気をしながら
ドラゴンをお迎えしましょう。

 

 

 

秋から冬にかけてのゆっくりと夜があける
今のタイミングは比較的取り組みやすい時期です

ドラゴンタイムの
ドラゴン体質(開運体質)

短期間で運を作り出す方法ですが、
この方法は一過性のもの
習慣にして地道に運を貯めて行くこと

 

たとえ疲れが残っていても
朝のドラゴンタイムは

ポジティブな気持ちで

「よし、やるぞ!」など
やる気の出る言葉で元気を出す!

 

アクセサリーの効用とは?

 

ラックマネジメントとしては
アクセサリーを身につけることも
奨励しています。

 

氣のエネルギーは
左手から入り右手から
放出される法則があります。 

 

パワーストーンのブレスレットなど
気をもらう力のある石は左手

 

氣を浄化する力のある石は
右手につけるようにしましょう。

 

指輪も運を良くするつけ方があります。

松永さんの本のP58に人差し指、中指、薬指の効果が紹介されていますので
ぜひ、参考にしてくださいね。

 

運がよくなる会食は朝食会!

ラックマネジメント的には
人と会うなら飲み会よりもモーニング
朝食会がオススメです。

朝のいい氣が満ちている時間に
運のいい人に会い、美味しいモーニングを
一緒に食べれば運は何倍も良くなります。

 

 

 

苦手な人は「運の砥石」
自分の人間性を磨く福の神

ネガティブな人とは付き合わない
目も合わせない方が賢明という
一方で
容赦なく図星を言い当てたり
痛いところをついてくる苦手な人は

「運の砥石」
自分の人間性を磨く
福の神とアドバイスしていらっしゃいます。

 

7章の不運とサヨナラする10の習慣も
とても重要です。

 

氣の停滞 エネルギー不足が…

病気がちな人
病気とまでいかなくても原因不明の
不調が続く人を

 

松永修岳さんはクライアントさんを通して
たくさんご覧になりました。

氣の停滞 エネルギー不足が
不定愁訴 氣の病を呼び込んでいる

免疫力・氣の不足を放置していると
やがて「うつ病」を招いたりするようです

 

良い習慣を実践しているのに

原因不明の不調・病にかかる人は
P157を参考にしてくださいね。

 

あなたの運は下降線にある

もし、
あなたが1年前とまったく変わらない悩みを抱え
全く同じような生活スタイルを続けているならば
運は下降線にあるといえます。

 

世の中、現状維持の方がリスクが少ないようで
開運体質からは遠ざかります。

 

運が良くなる月の習慣、太陽の習慣
もっともっと成功できる91の生き方」を
毎日1つづつでも実践すると
3ヶ月後には今とは違う習慣がスタンダードに
なります。

 

 

3ヶ月続ければ 一生が変わってきます。

運は管理する事ができるのです。

 

コロナの日常がスタンダードになってきました。
多くの人の日常が一変しました

 


前例を前提にした生き方が
通用しない時代になり

ラックマネージメントで運を管理して
大きく育てる能力が求められています。

 

カンタンだけれども続けられない
習慣も含まれています

が、
だからこそ 読み返し
チャレンジする価値のある
習慣ばかりです。

 

 

まとめ

月の女神を味方につける
12の夜習慣では

もうすぐ満月ならば
新しいスタートを心がけること

逆に
新月ならば過去を終わらせる力を活用
中止したい取引や別れ話に
ケリをつけましょう。

 

その上で、太陽のパワー
朝日が登った
午前7時から9時のドラゴンタイムを
活用してパワフルに活動しましょう。

ポイントは飲み会に行くよりも
良い運氣のあふれるラウンジで
朝食会に参加する!

運の良い人と交流を心がけしましょう。

 

朝、元気に活動できない場合は
氣の停滞が不定愁訴、
氣の病を呼び込んでいる可能性があります。


免疫力や氣が不足し始めている
黄色ランプに気づきましょう

 

ぜひ、
これらの夜と昼の幸せ習慣を引き寄せ

開運体質に変身してくださいね。

 

松永修岳さんの本は本屋さんで注文

まだまだ、このYouTubeでは紹介しきれない
役に立つヒントが
にはたくさん紹介されています

ぜひお手に取って月の女神さま、
太陽パワーのメッセージを受け取ってください。

松永修岳さんの
運が良くなる月の習慣、太陽の習慣
もっともっと成功できる91の生き方
はAmazonのKindle版なら、
今注文するとすぐにお手元に届きます。

▼▼▼▼こちらから▼▼▼▼
https://www.amazon.co.jp//dp/4344024443

 

私個人としては

ぜひ、大きめの本屋の開運コーナーや

本屋さんで注文して頂けると

あなたのお住いのエリアに運の良い状態
ラックマネジメントの発想が広がるんじゃ無いかなぁ〜と

願っています。

うふふ

それでは また次回のYouTubeで

お会いしましょう

 

ご縁に感謝

また見てね!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事