雪の写真の撮り方

動画編集プロデュース@ふくあき福ちゃん
以前は、丸の内や新宿御苑で
起業家さんのプロフィール写真を
撮っていました!

雪が写す原理を知ればiphoneでもカンタン

降る雪はフラッシュを発光させる

横浜(在住です)で雪が降るのは
珍しいので雪が降ると写真を撮ります。

雪はただ撮るだけでは、パっとしません。

そこで魔法の一手間!
それがストロボ撮影です。

フラッシュを強制発光させると
雪が光にあたりキレイな玉ボケ写真になります。

 

一眼レフカメラならF値を小さく

雪に光があたり玉ボケするので
F値は小さい方がよりキレイな
玉ボケになります。

夕暮れの方がキレイに撮れます。
また、街灯を利用することで
より幻想的になります。

 

光をあてる原理がわかれば
iphoneでも撮影は可能

フラッシュ・ストロボを光源に
撮影する原理がわかれば
iphoneでも撮影は可能です。

 

撮影の注意事項

外で撮影しましょう

スマホや、入門機のカメラのように
内蔵式のストロボでは光が届く
数メートルに雪があることが重要です。

できる限り屋外に出て撮影しましょう。
その場合の注意点が↓こちらです。

予備のバッテリーも必需品

私が降る雪を撮影するのは
自宅前ばかりで、問題はありませんが

撮影に出かける場合は、
気温が低いのでバッテリーの持ちが悪くなります。
予備のバッテリー持参をオススメします。

また、防塵防滴仕様の
カメラ(レンズ)でない場合は
濡れないように注意!

結露にも注意!

長時間撮影して暖かい部屋や
車に戻る場合は結露に注意しましょう。

雪国の人にとっては珍しくもない雪ですが
関東の南側*横浜では貴重

降る雪を撮影する原理はとてもカンタン
ぜひ、子どもに帰ったような気分で
ワクワクしながら降る雪の撮影を
一緒に楽しみたいです。

降る雪を撮影

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事