iphone動画をAdobeのPremiere Proで編集すると映像が崩れる場合の改善方法

動画編集者@ふくあき福ちゃん
お客様から届くiphone動画をAdobeのPremiere Proに入れると音づれだけでなく映像も崩れる!
その改善方法の1つを紹介します!

iphoneとAdobeのPremiere Proは相性が悪い?

先日、動画編集しました動画でのトラブルを紹介します。

最近のiphoneは高性能ですので、お客様がご自身で撮影したデータを頂き編集することが多いです。

その際、音声が動画とズレるはあるあるで、どうもiphoneとプレミアプロは相性が悪いようなのです。

それは、動画編集をスタートするとお約束で経験します。

頂いた動画に問題はない!

今回は、届いた動画に問題はないのですが、Premiere Proに入れると映像が崩れる。

動画を止めると崩れていないのですが書き出すと明らかに音ズレ、映像のみだれがある状態!

 

iphone動画がPremiere Proで崩れる原因

この原因は、検索するとPremiere Proが可変フレームと相性が悪いことが原因。

動画は1秒間のフレームに約30コマやスポーツなどの動きの激しいものは1秒下間に約60コマのパラパラ漫画で作られています。
(映画は約24コマなのでTVと雰囲気が変わる)

iPhoneの動画撮影は1秒間のコマ数を自動で変えるらしいのです。
(可変フレーム)

そのiphoneの自動変換にPremiere Proが対応していなくて崩れるようなのです!

対処方法はエンコードをかけること!

どうしたら改善するのか?

方法はあるのでしょうけれど、Premiere ProではなくAfter Effectsに入れてエンコードすることで固定フレームで書き出されて映像の崩れが改善されます。

音声も驚くほどずれていることがあります。

After Effectsで書き出しても改善されていなかったりします。

その辺は、Premiere Proのシーケンス上で調整。

まとめ

iphoneは動画をとるのにとても便利です。

便利ゆえにAdobeのPremiere Proで動画編集する時の障害にもなります。

それが音ずれと映像の乱れ。
音づれは、ずれている分をズラせば良いのですが、もう1つ映像の乱れはが可変フレームによる動画の崩れ!

この可変フレームの動作を改善するには、エンコードすること。
同じAdobeのAfter Effectsで書き出すことでエンコードされます。

動画編集を諦めないで!

このちょっとしたことで、動画編集ってむずかしいと挫折しがちです。

特にiphoneにはiMovieが入っているので、無料ソフトでいいや!
になりがちですが、あなたのサービスを無料で終わらせて良いはずはありません。

あなたにふさわしいクオリティで動画編集してくださいね。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事