お部屋写真を通して空室対策ステージング*ビフォーアフター集

空室対策ビフォーアフター

こんにちは、

住む人の気持ちを考えて空室を笑顔で埋める!

 横浜の空室対策アドバイザー 福明美津枝です。

ブログでは内見を増やすヒント、
写真の撮り方を紹介しています。

 

ステージングについて
ご紹介します

フィーリングリフォーム®空室対策
コンサルタントの山岸加奈さんとチームを組んで
活動しています。

フィーリングリフォーム®
空室対策は3つメソッドを軸に
空室を埋めていき、

大家さんの報告だけでも
742室の(2018.05.17現在)

890室の(2018.09.17現在)

空室が埋まっています。

 

フィーリングリフォーム®
空室対策の基本軸は
3つメソッドにまとめられています。

 

1.現状把握

2.ペルソナ設定をして
ステージング

3.物件告知

 

 

 

空室に悩む築古大家さんのための空室対策

 

今回は、ステージングを
ビフォーアフターでご紹介していきますね。

まず、
ステージングというのは
お部屋をモデルルーム化する
空室対策の1つ。

入居者さまに、これからの
自分の暮らしをイメージして
もらえるように
ステージングします。

 

たとえば、
クローゼットなら

 

 

ガランとした、何もない
クローゼット。

 

究極のシンプル!

 

これは、これで素敵です。
この状態で、入居者さまが
決まればOKです。

 

ただし、
とってもシンプルな分
私の住む横浜では当たり前
過ぎちゃいます。

 

フィーリングリフォーム
空室対策チームが
ステージングすると、

 

 

収納をイメージした
黒いボックスと

シックな黒いハンガー。

 

ちょっと、インスタ映えすると
思いませんか?

 

スマホでお部屋探しを現代では
写真映えすることが、
と~~~っても重要です。

 

もちろん、
これは思いつきで黒いボックスと
黒いハンガーを買ったわけでは
ないんですよねぇ。

 

ちゃんと、
住む人の事を考えてステージング
しています。

 

もう少し、雑貨類をいれると
どうでしょうか?

 

これからの、ストーリーが
見えてきませんか?

 

空室対策ビフォーアフター

 

スマホでお部屋探しを現代では
写真映えすることが、
と~~~っても重要です。

 

また、横浜*藤沢*湘南エリアの
ように人気のあるエリアでは
新築*築浅だけでも供給過多。

 

同じようなクローゼットの
写真が並びます。

特に多額の費用を投じて
リフォームした後ならば
なおの事ならべてみると
一目瞭然。

 

空室対策ビフォーアフター

 

ちょっと、さっぱりした
テイストです。

 

最近の賃貸物件は、白基調が多いので
黒をチョコチョコいれると
おしゃれな雰囲気になります。

 

空室対策ビフォーアフター

 

黒いボックスと、黒いハンガー。

新築大家さんが
「設備には自信がある。」と
いいながら、間取りに収納スペースが
なかったり…

ないならば、ボックスを置く。
ハンガーに何か、ひっかけてみる。

イメージできるように導線を
つくることも、空室対策には
重要な事です。

 

空室対策ビフォーアフター

 

スマホで検索すると

同じようなクローゼットの
写真が並びます。

特に多額の費用を投じて
リフォームした後ならば、

もう費用はかけられません。
こうした雑貨で対応するのも

空室対策には大事なことです。

もちろん、ペルソナ設定を
しっかりした上でステージングを
しなければ、費用対効果は
得られません。

 

お部屋写真を通して空室対策の
解決のヒントをお伝えします!

 

お部屋写真で伝える空室対策

 

*退去後はタイムリーに写真を撮ること

 

お部屋写真で重要な事 その1

*すべての入居者さんは写真をみてから来店する!

 ・携帯で物件検索は90%以上

 ・フォトジェニック・写真映えするお部屋に
   お問合せが集まる傾向が高い

 ・写真は第2の玄関!

 

お部屋写真を通して空室対策

 

お部屋写真で重要な事 その2

*フォーカルポイントを決める

 ・何もないお部屋は、無意識にあらさがしをしやすい

 ・ぬいぐるみのように 目のあるものに人は
   無意識に視線がいく

 

お部屋写真を通して空室対策

 

お部屋写真で重要な事 その3

*写真のクオリティを高めるポイント

 ・窓を入れる

お部屋写真を通して空室対策

 ・お部屋の角に立つ

 ・床100cm位から撮影する

お部屋写真を通して空室対策

 

お部屋写真で重要な事 その4

*照明をつけて撮影する

・広く撮ること  

お部屋写真を通して空室対策

 

・明るく撮ること 

お部屋写真を通して空室対策

 

・まっすぐ撮ること

お部屋写真を通して空室対策

 

お部屋写真で重要な事 その5

*照明をつけて撮影する

 ・照明器具選びは、写真写りを重視する

お部屋写真を通して空室対策

 

 ・明るい写真にするために
   露出補正を+にかける

お部屋写真を通して空室対策

 

 

お部屋写真で重要な事 その6

*白い壁は、白く爽やかに撮ること

 ・白熱電球のお部屋は黄色く写りやすい

  ホワイトバランスを 白熱灯に変更して
  色温度を下げる事で清潔感のある写真に撮ること

 

お部屋写真を通して空室対策

 

お部屋写真で重要な事 その7

*写真撮影からみた雑貨類選びのポイント

 ・広い部屋には大きい家具や雑貨
   狭い部屋には小さな雑貨

 ・素材が揃っていなくても
   カラーを3色に抑えことで
  フォトジェニックなお部屋に変わる

お部屋写真を通して空室対策

 

*見せたいものはシッカリ入れること

・ステージング写真を見せたいのではなく
このお部屋での暮らすイメージをふくらませるための
ステージング写真であることを忘れずに

 

お部屋写真で重要な事 まとめ

*写真には賃貸物件の印象を変えるパワーがあります

*すべての入居者さんは写真をみてから来店する!

 ・広く撮ること

 ・明るく撮ること

 ・まっすぐに撮ること

お部屋写真で伝える空室対策

 

*退去後はタイムリーに写真を撮ることが大切です

・入居前の写真をいつまでも使わず
退去後は速やかに原状回復して写真を撮ること

・余りにも、タイムラグのある写真は
内覧時にガックリさせ決まらない原因になる

 

お部屋写真を通して空室対策