【満室大好き!】満室大家さんさんと空室に困る大家さんの違いはココ!


いきなり夏が来た!
という感じですね。

本当にじりじりと
太陽が照りつけます。

体調には気をつけてくださいね。

さて。


物件広告の注意点

ずっと
予告していたのに…いつ??
今!(><;)))でしたね。
賃貸住宅フェア2019 (1).png
10月の土曜日も、大規模なイベントに
出展します! お楽しみに~~♪

ごきげんよう☆こんにちは

ヽ(*^_^*)*(*^_^*)丿

 

住む人の気持ちを考えた
リフォームに頼らない空室対策なら
フィーリングリフォーム®
満室カメラマン
(ふくあき)です!
満室にこだわる満室カメラマン.png
満室カメラマンとは
空室に困った大家さんがリフォームに頼らずに
満室経営をサポートするカメラマンです。

満室にする基準

空室を埋めていくのに
空室対策をする基準って
もっていますか?

先日参加した賃貸住宅フェアで
実感した事がありました。

それは何かというと、

———————————–

(1)強く物件を訴えること

(2)空室である事に強い危機感を覚える事

———————————–

これは、物件広告でもいえること
この2つを意識しないでは

現状は変わらないかもしれません。

自分の物件が
よい状況へ変わっていますか?

自信をもって
YESと答えられるならば、

よい空室対策を積み重ねてきた

わけで
自分の大家力をほめてくださいね。
賃貸住宅フェア2019IN東京のあるブースでは
*********
自分にもっとも
必要なことに、
私たちはしばしば抵抗する。
*********
そう、セミナーでお話し
されていた専門家もいらっしゃいました。

満室経営はあたり前を愚直に行う事

まず、
あたり前のことなのですが
満室経営をゴールから逆算すると
空室を埋めるためには
お部屋を見てもらわなければ
なりません。
そのためには、自分の物件が
空室であることを物件広告し
未来の入居者さんに知って
もらわなければいけません。
知ってもらうには、
昔ならば仲介の店頭へ
いきなり来店してましたが
今では、スマホ検索して
未来の入居者さんは
ピンポイントで物件を
内見したいと仲介さんに
来店します。
そうスマホ検索して
ネット上の情報や写真を見て
来店して内見します。

満室になっていない事に危機感を持つ!

あたり前のことジャン
(急に横浜弁に…!)

だから

———————————–

(1)強く物件を訴えること

(2)空室である事に強い危機感を覚える事

———————————–

が、
大事になります。
自分の物件は、どんな風に
物件広告されていますか?
今すぐ、スマホを取り出して
エリアと賃料で検索して
ください。
ココでカンタンに検索されない
ようでは、この世にあなたの大切な
物件*お部屋は存在しません。

やばい!

そう、強い危機感を持って
対策しましょう。
注意点が見えてきませんか?

だからといって、管理会社の
担当者に強く訴えることは
NG やってはいけない事です。

なぜなら、担当者さんも
熱い、熱いこの季節も
動いてくれているはずだからです。
なのに、
反映されていないのは
どうして?
と、
責めても得策ではありません。
(強く訴えるのはネット上です。)
さぁ
どうして?
は、
色々考えられますが
自分の物件は
少なくとも、エリア内の
他の管理物件の1つとして
紹介され
埋もれてしまって
いる可能性が高いです。

だから、大家さん自身が危機感を持って

大家さんにとって空室のお部屋
1室か何室かが全てです

管理会社にとっては
エリア内の管理物件の1つです。
また、紹介を受ける
仲介さんは、
私も仲介にいたのでわかりますが
膨大な量のFAXやメールが
送られてくるのです。
だから、大家さん自身が
危機感を持って
考動する事です。
(クレームをいうのではなく
考動するのです。)
え!
管理料を支払っているんだし
管理会社の仕事じゃないの?
ごもっとも!
が、繁忙期に退去して
真夏になっても埋まらない
場合は緊急事態です。
そのような少し前の考え方が
時代に合わなくなってきています。
そして、そして
実は、考動する大家さんは
驚くほど少ないのです。
*********
自分にもっとも
必要なことに、
私たちはしばしば抵抗する。
*********
という、賃貸住宅フェアで
話されていた専門家の言葉に
耳を傾けてください。
実際、
フィーリングリフォーム®の
コンサルを受けた
満室大家さんさんは
リーダーシップを持って考動しました。
だから、閑散期こそ、
空室を埋めていました。

その時に身につけたスキルで

「退去予告後、退去前に

次の入居者さんが決まった!」
と、
賃貸住宅フェアに、お出掛け頂き
ご報告頂きました。
(何か月も空いていた時代があったのが不思議な位です。)

 

それは、何故か?
どうしたのか?

 

勘の良い、意識の高い
大家さんならば
もうわかりますよねぇ。。

次回のメルマガで紹介します!

 

まだまだ、空室対策で
できることはたくさんあります。

 

夏枯れ?
閑散期?

 

が、しかし

満室大好き

埋まらない空室はない!

 

65425614_1121318498079368_3071698595066413056_n.jpg

フィーリングリフォーム®
には空室が埋まった
報告が続々と入ります。

 

むしろ、閑散期の方が
客付け業者さんも親身に
動いてくれるので

 

フィーリングリフォーム®の
物件から決まっていくのです。

 

 

その辺も含めて次回
メルマガに描きますね。

 

 

物件広告の注意点は
あたり前のことなのですが

賃貸物件は飽和状態

 

 

2019年感動力元年の
テーマは
・・・・・・・・・・
満室大好き!
埋まらない空室はない
・・・・・・・・・・

考え方のあたり前を変えないと
いけない時代がきました。。

 

 

 

10月にも
フィーリングリフォーム®は
イベントに出展します!

 

是非、次回もお出掛け
くださいね。

#フィーリングリフォーム®空室対策2019夏.png