【物件写真の撮り方】カメラの設定で内見者を引寄せる!


買ってはいけないカメラ

こんばんは☆こんにちは
ヽ(*^_^*)*(*^_^*)丿
今日は、いよいよ物件写真を
撮るためのカメラの設定について
紹介します。

 

前回、紹介しました‼
今回、紹介する設定ができない
デジカメは、買ってはいけない
カメラになります!
フィーリングリフォーム個別相談会.png
いい物件写真を撮ることは
空室対策の大切なひとつ!
今晩紹介するカメラの設定が
可能なデジタルカメラを用意
してくださいね。

 

カメラの取説をご用意!

あらためて、こんばんは
こんにちはヽ(*^_^*)*(*^_^*)丿

空室を埋める満室カメラマン.png

いつもるく元気な
満室カメラマン美津枝です!

さて、今晩はデジカメの
取扱説明書を持ってきて読んでくださいね。

 
 

オート(AUTO)NG! 

まず、
デジカメを買った時のまま
設定をオートで撮って
いませんか?
実は、
カメラ=デジカメをオート(AUTO)の

ままで撮るからのっぺりした
どこにでもあるような残念な物件写真に

なっているのです。

特に、賃貸物件の場合は
明るく撮ることで爽やかな
お部屋に見えます。

 

逆光でも明るく爽やかに撮れる

デジカメの性質上、明るく
撮ることで白っぽく撮れます!
白い壁を、より白く撮る
事が爽やかさにつながります。

 

明るく撮るだけで、お部屋は
キレイに爽やかに見えます!

 

明るく撮るのを邪魔しているは
陽当たりではありません。

 

カメラ=デジカメをオート(AUTO)の
ままで撮る事が原因です。
何故かというと、部屋の入り口から
窓に向かって撮影すると
窓の外が明る過ぎるとデジカメが
判断して暗くするのです。

 

逆光で撮ると顔が暗く
なる原因がそれです。
暗い物件写真の原因. (6).png
暗くなるならば、設定を
明るくすればよいのです。

 

暗いなら明るい設定をすればよい!

カメラ=デジカメをオート(AUTO)を
卒業して、絞り優先モードに設定して
撮ると明るく撮れます。

 

キャノンのデジカメならばAv
その他のメーカーならばAに
設定してください。
(ここからは取説を見ながら読んでくださいね!)

 

どこを?
CIMG2642.jpg

 

絞り優先モード=Av・A
モードに設定すると露出補正が
可能になり、+1~2に変更ができます。

 

コンパクトデジカメも、
露出補正が出来るモノがあるので
必ず、+プラス補正して明るく
撮影しましょう。
露出補正.png
この露出を+プラス補正できない
カメラは、買ってはいけないカメラです。

 

後ほど描きますが、レンズが20㎜以下に
ならないモノも、広くとれませんので
おすすめしないカメラです。
CIMG2644..jpg
スマホも+プラスにして
明るく撮ることができます。

 

画面をタッチして明るく撮りましょう。
879 (7).png
お部屋ごとに、露出補正=Avを
どの位+プラスにするといいのか?

 

一概に言えませんが、↓これだけ
違います。

 

白くなる意味も、わかっていただけましたか?
Av+2は、明るくキレイですよね。
明るさも自分で調節できる!.png

 

物件写真をキレイに撮るには
3つの基本のキホンを守る事で
キレイな写真に変わります。

 

基本のキホンとは

 

1.明るく撮る
2.より広く撮る
3.水平垂直を通してキレイに撮る

 

いつも元気な満室カメラマン (1).png

 

1番の明るく撮る撮るのは
カメラ=デジカメをオート(AUTO)を
卒業して、絞り優先モードに設定して
露出補正を+プラスにすると明るく撮れます。

 

広く撮りたいなら超広角レンズ!

2番のより広く撮るには、
20㎜以下のレンズで撮ることです。
写真は、レンズで決まります。
 
カメラボディは、
余程の商業カメラマン出ない限り
入門機で充分なのではないかと
思います。

 

なぜなら、商業出版するような
商業カメラマンが使うカメラは

 

福沢諭吉さんと仲良しで
なおかつ、重いのです。
機材の持ち運びが本当にたいへんです。

 

ただし、写真は良いカメラに
比例してキレイにはなります。

 

スマホもiPhoneXsMaxなど
本当にキレイに撮れるようになりました。

 

スマホも広角レンズですが
コンバージョンレンズを+プラスして
もっと超広角レンズで撮ることを
おすすめします。

 

レンズは、高価ですのでコスパも
重要です。

 

また、メーカーや機種が変わると
使えませんので、買い足す場合は
必ず、カメラを持って買いに
行きましょう!

 

満室カメラマンのレンズ.jpg

 
 

水平垂直を通すと
写真はプロっぽくなる!

最後に、
3.水平垂直を通してキレイに撮る
これは、も~~単純にカンタン!

 

液晶画面にグリッド表示するだけです。
良い写真は構図で決まります。
 
グリッド(格子)があることで
水平に撮影でき、構図も決めやすくなります。

 

この液晶画面にグリッド表示は
カメラというカメラに
表示させることを、おすすめします。

 

因みに、スマホでもグリッド
表示は可能です。
 「あれ、邪魔な線だとおもっていました!」
と、
衝撃的な事を、おっしゃった
シェアハウスのオーナーさんがいましたが
グリッド線の表示は重要です。

 

写真の撮り方7%2F25 (1).png

 

デジカメのグリッド設定は
取扱説明書を読んで、必ず
設定してください。

 

上手くいかない場合は、買ったお店へ
すいている平日に持って行くと
即、表示する設定にしてくれます。
iPhone*アンドロイド携帯も
グリッド線で検索すると出てきます。

 

写真がキレイというのは…

写真がキレイというのは
露出補正を+プラスにして
明るく撮影するだけではなく、

 

縦横の水平垂直を通すことで
実現するのです。

 

グリッド線に合わせて
物件の室内は、柱やドアなど
まず、縦の線を通すといいですね。
超広角レンズは両サイドが歪み
やすいので、注意が
必要ですが、中心に近い縦線を
通すことでキレイに見えます。

 

玄関.png

 

物件写真の撮り方の書籍などを
読むと、三脚を使いましょう!
縦横の水平垂直を通すように
紹介されています。

 

私も、大抵三脚を持参して
いますが、余程の広さがないと
三脚は場所を取り、折角の広さを
犠牲にする事になります。

 

雑誌や書籍に載せる商業写真では
物件写真はありません。
 
オーナーさん的には、広く撮れて
いる方がいいですよねぇ。

 

グリッド線の表示をして
適正な高さから縦横の水平垂直を
通してキレイに撮るチャレンジを
してみてくださいね。

 

築古の物件でもデジカメの設定を
適切にする事で
キレイに撮ることは可能です。

デジカメを明るくする位ならば
リアルのギャップは少ないです。
 
そもそも、暗いならば
明るくすればよいのです。
 

照明も重要!

室内の照明は、明るめを入れる
ようにしましょうね。

 

つまり、6帖でも8帖サイズの照明を
入れることで驚くほど明るいお部屋に
変わります。

 

 金額的のも数千円しか違いません。
そして、
昼間でも照明をつけっ放しで
撮ることで、自然光と照明が
マイルドなキレイな写真が撮れます!

 

脱!おブス写真 (2).png

ブログでは、大家さんのお部屋が
選ばれるお部屋について写真家目線で
紹介してます。

楽しみにしてくださいね。
暗い物件写真の原因. (6).png
空室対策のコンサルというよりも

ステージングして撮影をしてほしい…

物件写真が暗い
白い壁とフローリングで無難な
部屋に見える物件写真をなんとか
選ばれる写真に変えたい大家さんのための

無料の個別相談会を開催しています。

近日中、カメラマン目線の電子書籍を
リリースします。

プロの写真で満室御礼
マイソク&ネットの写真を
早急に変えたい方の無料個別相談会
▼詳細・お申し込みはこちらから▼
https://naturally-photo.com/?page_id=742

写真が変わる (3).png