物件写真の順番を決めて撮影すると後々楽になる


今日は、撮影の順番を決めて
おくこと事について
お話しします!
 
 
これをすることで、
掲載・検索がグッと楽になります!
 
物件写真の撮り方.jpg
 
このブログは、空室が埋まらない
悩みを持つ大家さん

空室が埋まるノウハウと写真を
紹介するブログです。
 

あらためまして

フィーリングリフォーム(R)
空室対策 いつも明るく元気な
満室カメラマン
福明美津枝です!
ヽ(*^_^*)*(*^_^*)丿

満室にすることにこだわり物件写真を撮っています!

 

 
物件写真を撮影する場合、
順番を決めて置くことが重要です。
 
 
実際、撮影するとわかりますが、
膨大な写真の量になります。
 
 
ですから、まず
物件名のわかる写真から
スタートします。
 
1棟しかない方も、物件写真は
不動産屋さん、入居者さんに
見てもらう写真です。

撮っておくと、後々整理するのも
表紙になり便利です。
 
撮影する順番は
 
共有部分
 
1.外観
 
2.駐車場*駐輪場
 
3.ゴミステーション
 
 
室内では
 
①.玄関
 
②.靴箱*シューズボックス
 
③.キッチン+キッチン回り
 
④.居室*リビング
 
⑤.バルコニー+眺望
 
⑥.収納
 
⑦.洗面所*洗濯機置き場
 
⑧.浴室
 
⑨.トイレ
 
 
設備
エアコン*インターホン
撮影する順番.png
 
①.玄関
②.靴箱*シューズボックス
CIMG0416.jpg
 
③.キッチン+キッチン回り
0.CIMG0429x290.jpg

 
④.居室*リビング
CIMG0428.JPG
 
⑤.バルコニー+眺望
0.jpg
 
⑥.収納
CIMG0434.JPG
 
⑦.洗面所*洗濯機置き場
CIMG0424.jpg
 
⑧.浴室
6N6A5320x290.jpg
 
⑨.トイレ
CIMG0425.jpg

 
撮影する順番を決めておくだけで
撮影後の整理が楽になります。
 
 
撮った物件写真は、グーグルフォトに
バックアップを取っておくと
スマホでも見ることが出来ます。
 

 

このシンプルな空間を、
少しでも魅力的にみせるには

どうすればいいのか?
いつも考えています。

フィーリングリフォーム®
空室対策
いつも元気な満室カメラマンの
  ヽ(*^_^*)*(*^_^*)丿
福明はスキルをお伝えする事が
できます!

参考にしてくださいね。

 

 
明日もまた、明るくなることを
紹介しますね。 
 
 

いつも明るくニコニコ元気が一番!
ヽ(*^_^*)*(*^_^*)丿

 

 
 

空室を埋めたお部屋が

983室になりました!

2018.11.10.983室.jpg

 

個別相談会 

満室カメラマン8%2F10.png