良い物件写真は明るくするのが先! 明るくすると爽やかに見えます!


昨日の期待外れにならない
物件写真のメルマガ
 
読んでいただけましたか?
 
第一印象は、賃貸物件も同じです。
 
キレイな物件写真が手元にある場合
暗い写真と差替えてもらえるように
お願いする事も可能です!
 
6N6A2822.JPG

 
このブログは、空室が埋まらない
悩みを持つ大家さん

空室が埋まるブログと写真を
紹介するメルマガです。
 

あらためまして

フィーリングリフォーム(R)
空室対策 いつも明るく元気な
満室カメラマン
福明美津枝です!
ヽ(*^_^*)*(*^_^*)丿

満室にすることにこだわり物件写真を撮っています!

 

福明さんの撮る物件は
元々キレイなんでしょう!
 
 
正直そうです!
 
空き家820 万戸時代です。
どのお部屋も、キレイで
大家さんの努力を感じます。
 
特に
フィーリングリフォーム®空室対策
チームにコンサル依頼をされる
大家さん、オーナーさんは
とても意識の高い方ばかりです。
 
 
美意識の高い、奥様社長さんと
(ご自身はサラリーマン大家さん)
二人三脚で賃貸経営されている方が
多いです。
 
 
逆に、共有部分の管理や
室内クリーニング不足が
原因の場合は、そこを改善するだけで
決まる事が多いです。
 
 
元々、汚い汚部屋は
写真ではどうにもなりません。
 
 
今は余り聞かなくなりましたが
入居者が決まったら
「ルームクリーニングを入れる!」
という、管理会社さんも
かつては、あったようです。
 
 
今でも、畳と襖は入居者が
決まってから
というのはありますが
 
その場合でも、清掃は終わり
キレイなお部屋を撮影しています。

 
ですから
福明さんの撮る物件は
元々キレイなんでしょう!
 
 
ハイ、キレイです。
 
キレイな物件なのに暗い写真で
スーモやアットホームなどの
ポータルサイトに掲載されて
いるのが残念で、
メルマガを書いています。
 
 
ポータルサイトの写真が暗い場合も
大家さんがお願いする事で
 
大家さんのお手持ちの明るい写真に
差し替えてくれる仲介さんも多いです。
 
 
せっかく、差し替えてもらうならば
写真映えするモノにしたいですよねぇ。

 
良い物件写真とは、住みたくなる
写真のことです。
 
 
住みたくなるの物件写真の条件は
3つです。
 
1.明るい部屋
 
2.水平垂直を通してキレイな部屋

 この2つを守ると清潔感が出ます!
 
3.より広く撮る
 
物件写真の撮り方.png
 
 
逆に、昨日紹介したエントランス
入り口の共有部分ではありませんが
 
暗い、清潔感がない、歪んでいる
狭く見える部屋の印象は下がります。
 
 
インスタグラムよりもシビアです。
 
なんせ、
スーモやアットホームなどの
ポータルサイトの写真の閲覧は
0.3秒で次の写真に行くと言われています!
 
 
明るく撮るには、
室内の一番暗いところをタップして撮る。
 
それでも暗ければ、一眼レフや
コンデジならば露出補正を+1か
+2にして撮る!
 
露出のMark.jpg
 
 
広さは、超広角レンズにする事で
自然な広さで撮影できます。
 
20㎜以下の、超広角レンズが
おすすめです。
 
6N6A3439.jpg
 
 
忘れてはいけないのが、
グルッド線を使ってお部屋の
縦の線、横の線を合わせること!
 
 
水平垂直を整えると
グッと写真が引き立ちます。
 
写真の撮り方7%2F25 (1).png
 
 
 
一眼レフの場合、
レンズを壁に平行にして撮ることも
重要です。
 
ちょっとしたレンズの
上向き、下向きで画面が曲がります。
 
 
手のひらにのせることで
固定されます。
 
カメラの構え方. (6).png
 
 
キレイなお部屋を、
キレイに撮る事

特に、暗い写真は清潔感も奪います。
明るく撮ることで爽やかな印象になります。
 
 
 
この週末は、是非
お掃除道具を持って、ご自身の
物件にゆき
 
キレイなお部屋を、キレイに撮って
あげてくださいね。
 
 
 
 

 

このシンプルな空間を、
少しでも魅力的にみせるには

どうすればいいのか?
いつも考えています。

フィーリングリフォーム®
空室対策
いつも元気な満室カメラマンの
  ヽ(*^_^*)*(*^_^*)丿
福明はスキルをお伝えする事が
できます!

参考にしてくださいね。

 

 
明日もまた、明るくなることを
紹介しますね。 
 
 

いつも明るくニコニコ元気が一番!
ヽ(*^_^*)*(*^_^*)丿

 

 
 

空室を埋めたお部屋が

983室になりました!

2018.11.10.983室.jpg

 

個別相談会