【横浜の空室対策】今すぐ大家さんが考動できる 内見が増える考動リスト10選

Pocket

住む人の気持ちを考えて空室を笑顔で埋める!

   元プロフィールカメラマンで
 横浜の空室対策アドバイザー 福明美津枝です。

このブログでは内見を増やすヒント、
写真の撮り方を紹介しています。

 

フィーリングリフォーム(R)空室対策3つのメソッド

1.現状把握 2.ペルソナ設定 3.物件広告

空室に悩む築古大家さんのための空室対策

 

内見を増やしたい大家さんへ

忙しいサラリーマンを辞めて、もっと自由な時間がほしい!

家族ともっと豊かに暮らしたい!

そう思って、お金を貯めて苦労して融資を通して晴れて念願の大家さんに!

 

ところが、大家さんになったとたんに退去が続き、

ガーン

入居者の内見もないまま、退去してからもう4か月経ってしまった。

ただでさえ忙しいのに、空室対策の本を読んだり大家の会へ出かけたり!

 

でも、空室が埋まらない。

どうしたらいいんだろう!

 

そんな、

毎日忙しい、内見を増やしたい大家さんのために

『内見を増やす考動リスト10選』を作りました!!

 

 

 

現状把握

1.入居者セグメント分析=レントロール作り

→現入居者の年齢・性別・年収など、仲介不動産屋さんが最初に

送ってきたお申込や、賃貸借契約書みればわかりますよね?

ちょっとした隙間の時間、会社員さんでも休憩時間1時間に

まとめておきましょう。

 

 

2.近隣競合の家賃相場を見る

適正家賃=自分の主観ではなく、
近隣競合の家賃です

スーモの賃貸経営サポート*賃料・設備相場チェッカー

無料登録して比較しましょう
https://www.suumo-onr.jp/

 

これも、慣れてくれば30分もかからないです。
スマホか会社のセキュリティが緩いならPCでできますね。

 

 

3.保有物件の掃除

しっかりと、ご自身で清掃しましょう!

管理会社さん任せだと結構手抜き多いですw

お金ではなく手をかけましょう。

 

 

4.管理会社担当者とコミュニケーションをとる

ここまで、やってくると管理会社さんにクレームを入れたくなる

かもしれませんが、お願い&ご提案の姿勢でいきましょう。

 

管理会社の担当者さんとは、気軽に相談できる位に仲良くなってください。

理想は一度はお会いしていること!

 

思った以上に、不動産屋さんの担当者さんは日々クレームと

お叱りを受ける、緊張した毎日を過ごしています。

大のオトコが泣きたくなるような追いつめるような話し方の投資家系の

大家さんが多いんですよねぇ。。

相談に乗ってもらう、お願いスタンスの大家さんはいません、

あなたのお部屋を優先してもらえるようになります。

 

5.仲介店を最低3軒は回る
(管理会社担当とがベスト!)

内見を増やすには、現状把握と現地ヒアリングして
ご自身のお部屋のターゲットを決める
=ペルソナ設定

を必ず決めましょう!

 

週末しか休みのないサラリーマン大家さんにとっては

これが、一番時間がかかりますが、最も効果があり大事です!!

 

家族*奥さん*旦那さんに

「今週1日だけ時間ください」とお願いましょう!

もちろん、満室にしたら少しリッチなお店に連れて行って

楽しい豊かな時間をつくってあげてくださいね!

 

ペルソナ設定に基づく
ステージング

6.ステージング(ペルソナ設定に基づく)

現地ヒヤリングを行ったら、ペルソナ=理想の未来の入居者さん

設定して、ステージングしましょう。

IKEA、ニトリ、3Coins、100均などコスパを良いものを参考にしてください!

 

もちろんグレードの高い家賃帯のお部屋は、Francfranc系のそれ相応に!

たくさん良い実例が満載です!

 

ステージング事例

 

キッチン台所写真の撮り方

 

玄関写真の撮り方

 

洗面所写真の撮り方・ステージング

 

トイレ写真の撮り方・ステージング

 

お風呂写真の撮り方・ステージング

 

 

洗濯機置き場のステージング

 

 

 

 

物件広告

7.マイソク作成

ステージング後の写真を載せたマイソクは管理会社さんが作成してくれます!

写真がさし変わっているか?

PCで、物件のエゴサーチをして確認しましょう。

管理会社さんへの電話一本で終わりますね?

お願い姿勢で、敬意を持ってお話ししましょう。

 

8.満室になるまで週1回はメールで空室案内を送る

仲介不動産屋さんのメーリングリストさえ作ってしまえば、

マイソク添付しておくるだけです。5分で終わります。

 

 

9.2週間に一度は内見者の状況を聞く

決まらない理由を精査と、近隣で決まった事例はないか聞くこと

2週間に一度長くて10分程度の電話で、似たような条件の入居者さんへ

忘れずに紹介してもらう目的もあります。

 

10.で判明した内容を修正*PDCAです!!

地域差はあります。

ただ、最後の決め手は

1.物件の家賃とそれに見合う価値

2.営業マンのご案内力です!

 

空室に悩む築古大家さんのための空室対策

 

 

1.ペルソナ=理想の未来の入居者さんの設定で物件の価値を上げてください!

2.営業マンと仲良くなり自分の物件を紹介してもらう機会を増やしましょう。

 

どんなに良い商品も、正しく広告されていなければ、売れません!

内見が増やすことで、空室が埋まってゆきます。

 

しっかりと物件広告されているのか、確認しましょう!

 

気になる方は、

個別相談会でお話しませんか?