【横浜の空室対策】フィーリングリフォーム(R)空室対策*現状把握


住む人の気持ちを考えて空室を笑顔で埋める!

   元プロフィールカメラマンで
 横浜の空室対策アドバイザー 福明美津枝です。

 

このブログでは内見を増やすヒント、
写真の撮り方を紹介しています。

内見を増やすポイントとして

フィーリングリフォーム(R)空室対策の3つのメソッド

1. 現状把握

2. ペルソナ設定

3. 物件広告

にそって、考動することです。

今回は、現状把握から紹介します。

 

 

現状把握

 

一番大事な事は「現状把握」です。

 

「現状把握」って?

 

ご自身の保有物件の入居者さんの分析を
したことはありますか?

・ファミリーor単身

・年齢

・男女 etc

それによって理想の入居者さん=ペルソナ設定が

変わってきます。

→つまり

お部屋を入居者さんにどう伝えるのか?

ステージングはどうすればよいのかが、変わります。

 

現状把握って大事です!!

 

入居者様のほとんどが男性の物件なのに、

女性向けのリフォームやステージングをしても

効果はあまり期待できないですよね?
(需要がある場合は別です)

 

大家さんが住んでほしい、

そのエリアに需要がある入居者さんにぴったりのお部屋

を現地ヒヤリングしてください。

 

具体的な考動!

 

現状把握って大事なのです!!

具体的な行動としては、

・ 仲介店様への営業まわり
(営業マン全員の名刺をもらうのがベスト)

近隣競合で満室にしている物件や

自分の物件の家賃が適正かなどヒアリングしましょう

・空室早見表の作成

どの物件のどの部屋に空室があるか
「一目」で確認できるようにしましょう!

・名刺作り

営業マンの方に顔と物件を
おぼえてもらいましょう!

・ポータルサイトで保有物件のチェック

きちんとした情報・家賃で掲載されていますか?

リフォーム前の古い写真で
掲載されていませんか?

・近隣競合物件の家賃設定や設備の分析

近隣相場とかけ離れた家賃設定では決まるものも決まりません!

 

えー!なんか地味!

 

不動産投資って「不労所得」って聞いていたのに。。。

はい、私もそういうイメージを持っていました!

でも、裏を返せばしっかりと考動すれば、

やらない大家さんがいる分、結果が出るということです。

明日からできる
内見が増える空室対策

 

「1つ1つの考動は難しいことはない」

ですよね?

さあ、今日からすぐにでも考動して

みてください!!

 

とても地味な事ですが、この積み重ねが内見を増やす

近道です。

 

気になる方は、

個別相談会でお話しませんか?

 

内見を増やすために 何をするのか?