【横浜の空室対策】内見を増やすには何事も現状把握! では、何を把握するの?

Pocket

現状把握とは、何を把握するの?

 

住む人の気持ちを考えて空室を笑顔で埋める

空室対策アドバイザー 福明(みっちゃん)です。

 

フィーリングリフォーム空室対策チームは、

3つのメソッドを守り考動する事で、空室を埋めています。

3つのメソッド

1.現状把握 2.ペルソナを設定 3.物件広告

では、最初の現状把握は何をしたらよいのでしょう?

<チェックすべき3つ項目>
1)自分の物件の〇〇の確認
2)〇〇相場・〇〇物件のチェック
3)〇〇の分析

アカデミーでしか知ることのできない事を書きますね。

フィーリングリフォーム空室対策3つのメソッド現状把握

 

その前に、

フィーリングリフォーム空室対策コンサルで

3つのメソッドに基づいてを考動すると

 

コンサル中のお客様から
ビッグニュースが入りました

今朝は、閑散期なのにお客様から

フィーリングリフォーム空室対策チームにビッグニュースが

入りました

 

 

 

閑散期とは、思えない勢いですね。

 

現状把握とは、何を把握するの?

 

フィーリングリフォーム空室対策で一番大切にしていのが

最初の現状把握です。

他のコンサルと違うのが、現地に同行して現状把握

現地調査のヒヤリングをいたします。

フィーリングリフォーム空室対策3つのメソッド

 

では、何ヒヤリングするのか?

<チェックすべき3つ項目>
1)自分の物件の〇〇の確認
2)〇〇相場・〇〇物件のチェック
3)〇〇の分析

その次に
<ヒアリングで1次情報ゲット>
1)現在の〇〇で埋められそうか?
2)管理会社は〇〇りース物件はあるか?
3)〇〇業務?それとも〇〇がメインか?
4)どういうペルソナが〇〇なのか?
5)どんな物件が〇〇になりそうか?
6)近隣物件の〇〇はどれか?
6)入居募集は〇〇を利用しているか?
7)他業者と協力して〇〇はどうなるか?
8)入居者が決まった場合、〇〇なのか?
10)管理会社の業務内容を把握する

今日は
はじめに現状把握で
チェックすべき3つ項目を説明しますね!

 

さて、○○とはなんでしょうか?

 

 

フィーリングリフォーム
空室対策アカデミーでしか

<チェックすべき3つ項目>
1)自分の物件の〇〇の確認
2)〇〇相場・〇〇物件のチェック
3)〇〇の分析

こちらは、空室対策コンサルタントの

山岸加奈さんが主宰するフィーリングリフォーム空室対策

アカデミーでしか知ることのできない内容です。

 

<チェックすべき3つ項目>
1)自分の物件の募集条件・スペックの確認

2)家賃相場・競合物件のチェック

3)入居者属性の分析

をします。

次に
<現地ヒアリングでは>

1)現在の賃料設定・募集条件・建物状況で埋められそうか?

2)管理会社はサブリース物件はあるか?

3)管理業務?それとも客付け業者がメインか?

4)どういうペルソナ設定が入居者さんなのか?

5)どんな物件が満室御礼になりそうか?

6)近隣物件の競合物件はどれか?

7)入居募集はポータルサイトを利用しているか?

8)他業者と協力して募集をする際の報酬はどうなるか?

9)入居者が決まった場合、支払う必要のある報酬なのか?

10)管理会社の業務内容を把握する

 

 

なんだと! と、思いましたか?

満室大家がしていることです。

 

空室対策は、

知っているか知らないかで

雲泥の差が出る世界。

 

やってみることも、とても重要です。

やっているか、やっていないかをプラス

すると、9割以上の大家さんが

知らないで、やっていない状態です。

 

だから、空室が埋まらないのです。

 

たった1割の満室大家さんだけが

愚直に考動して内見を増やしています

フィーリングリフォーム®アカデミー