【横浜の空室対策】内見を増やす写真の撮り方・室内写真

Pocket

一番のメインが室内写真

 

室内写真のない、賃貸物件。

間取り+外観写真だけでは、ネットユーザーから

スルーされてしまいます。

 

室内写真を少しでも広く、キレイに明るく撮ることで

未来の入居者さんが、見に行ってみよう内見しようと

内見を増やす要因になります。

 

プロに撮ってもらえばいいのですが、そうもいきません。

大家さん自身が撮れるにこしたことはありません。

撮れないまでも、撮り方を知っていると

今後の賃貸経営にプラスになります。

 

 

 

室内写真で大事な事

 

お部屋写真をキレイに撮る場合、レンズが重要になります。

理想は一眼レフカメラで、24㎜以下のレンズを使う事。

 

正直に申し上げます。

 

写真のキレイさは、カメラの良し悪し、

特にレンズで決まります。

 

出来るだけ広角撮影に強い機種を選び事で、初心者だった

大家さんも、キレイな写真を撮れるようになります。

 

とはいえ、一眼レフカメラはボディもレンズも高いです。

くわえて、筋トレ?

と、思えるくらいに良いカメラとレンズは重いです。

 

ですから、超広角レンズ搭載で露出補正が出来る

コンパクトデジカメで撮影するのもありです。

お部屋写真に最適なカシオEXILTM*EX-ZR4000BK

上記の

CASIO デジタルカメラ EXILIM EX-ZR4000WE 超広角19mm で

撮ったお部屋写真

 

 

Canon Eos5DMark4 EF24mm F1.4L II USM 

撮ったお部屋写真

 

 

カシオのコンデジと、キャノンの一眼レフカメラと単焦点レンズでは

お値段で15倍以上の差があります。

写真的に、そこまでの差はないので、カシオのコンパクトデジカメで

スタートするのも現実的か、判断しますよ。

 

撮ってみること、それも大量に撮ることが重要です!

 

魚眼レンズはNG

 

ただし、魚眼レンズは歪みが大きいのでNG

お部屋写真にはむきません。

 

写真の撮り方

 

内見を増やす写真の撮り方

 

1.広角レンズを使い広く撮る

2.露出補正を+1か、+2にして明るく撮る

3.縦横・水平垂直に気を配りまっすぐに撮ること

 

お部屋写真は、立って撮るよりも膝まづいて撮る

床から1m~1.3mの高さで撮ること。

 

マンションの天井の高さが2.4m~2.5m。

ちょうど真ん中の高さにカメラをまっすぐに構えることで

歪みの少ないキレイな写真を撮ることが可能です。

 

撮った写真は、グーグルフォトに入れてアルバムで

管理するといいですね!

お部屋写真を通して空室対策