【横浜の空室対策】内見を増やす写真の撮り方・玄関

Pocket

最初のオーデションは、玄関

今の時代、入居者さんのお部屋探しはネットでからです。

どんなに良い物件でも、ネットで紹介されていないと

存在しないのと一緒で永遠に空室のままです。

 

大家さん・オーナーさんが、ご自分のお部屋写真を

不動産屋さん任せにしているのに驚きます。

 

最初のオーデションはネット上の写真からスタートします。

 

玄関写真の撮り方

 

お部屋への第一歩は玄関です。

横浜の空室対策・内見を増やす写真の撮り方・玄関

 

広角レンズを使い縦横の垂直水平に注意して撮ります。

ドアの正面に立って、ドア枠が入らないように引いた処で撮りましょう。

 

写真を撮る時に、玄関に立ったまで撮っていませんか?

低い位置、床から1m位の高さから撮ることで、

天井が高く見え、廊下も奥行きを感じられる玄関写真を

撮ることができます。

 

靴箱

 

  

 

靴箱は、玄関から室内へ入る時に見落とされがちです。

収納が多いのは、入居者さんにも喜ばれます。

せっかくある靴箱です。ドアを閉めている状態と空いている状態を

面倒がらずに撮っておきましょう。

 

 

電気をつけて玄関写真を撮る

 

玄関は、日当たりの悪い場所にあります。

是非とも、ブレーカーを上げて電気をつけて

写真を撮ることで明るくキレイな写真を撮ることができます。

 

見返り美人!

 

玄関写真

 

ライバル物件に差をつけるためにも、振返ったお部屋から見た

玄関写真があるのも親切です。

大家さん自身が愛着を持って撮影することは、

入居者さんにも伝わります。

 

失敗を恐れず、何枚も何枚も撮ってみましょう!

 

撮った写真は、グーグルフォトへ。

アルバムにすることで良い記録になります。

 

横浜の空室対策・内見を増やす写真の撮り方・玄関