集まる集客®の長瀬葉さんのプロデュースを受けるようになりフィーリングリフォーム®空室対策に出会う


 集まる集客®の長瀬葉弓さんのご縁

 

2017年の7月、ちょうど1年前に、集まる集客®の長瀬葉弓さん

プロデュースを受けるようになり

フィーリングリフォーム空室対策コンサルタントの

山岸加奈さんに出会いました。

 

 

メルマガを登録して、山岸さんと名古屋で活躍していた

大脇さんの活動を見守っていました。

 

昨年の秋に、山岸さんと大脇さんが

電子書籍を出して、フィーリングリフォーム空室対策の

内容がわかってきました。

 

フィーリングリフォーム®キャンペーン

 

とはいえ、まだ、山岸さんの

「埋まらない空室はない」という事が信じられないで

いました。

空室を埋めて満室経営に導く方法は一つだけです。

「諦めないこと」です。

 

フィーリングリフォーム®アカデミーに参加して

 

フィーリングリフォーム®アカデミーは

アカデミー生全員が大家さん。

 

アカデミーに参加して、空室対策アドバイザーとして

一緒に同行する事で、

「埋まらない空室はない」という事が信じらるように

なりました。

 

フィーリングリフォームアカデミー

 

どんなことがあっても諦めなければ、

「失敗なんてありあないこと」

失敗とは、諦めた時に起こるもの。

 

アカデミーで、山岸さんやアカデミー生とシェアして

PDCA,なぜ失敗してしまったのかを検証して改善して

いく事で、単なる失敗ではな価値ある失敗

変わります!

どんなに失敗しても、諦めなければ内見は増えて、

空室は埋まってゆきます。

空室が埋まることで、次なる物件の投資に着手できます。

 

実際、銀行さんは空室の目立つ物件を持っている

投資家を敬遠します。

遠巻きに、空室が埋まっているのか手出しがないかを

チェックしています。

 

まずは、現状がどうなっているのかを確認しましょう。

現状把握が空室対策のスタートになります。

 

 

仲介さんを回り現状把握をして、内見を増やす努力をしていく事で

空室が埋まってゆきます。

 

フィーリングリフォーム空室対策