【横浜の空室対策】内見を増やすには複数依頼が満室大家さんのあたり前!

Pocket

横浜でも、空室は社会問題になっているんですよねぇ。

以前は、築10年以内であれば、ほとんど何もしなくても

空室が埋まる良い時代がありました。

ところが、最近の物件では、築10年以内であっても、

新築でも繁忙期に積極的な空室対策を必要とする賃貸事情です。

 

内見が増え空室対策

 

今どき空室を埋めるには、対策1つだけはなかなか

効果は発揮されません。

できるだけ多くの対策を実行していくことが

ポイントです。

 

空室に悩む大家さんは、ひたすら1社=管理会社さんからの

連絡を待つ傾向があります。

 

そうした、空室に悩む大家さんにとっては意外かも

しれませんが、入居者募集は複数の仲介不動産屋に

お願いするのが満室大家さんの特徴です。

 

複数頼むことで、内見も増えるんです。。

確率論です。

 

 

他の仲介さんをまわるのを嫌がるような場合は

空室が長引く傾向になりやすいので注意が必要です。

気を付けたいのが不動産投資家さんは

不動産を買った売買の不動産屋さんに管理も

お願いしちゃう傾向があります。

 

買う時に、散々手配や段取りをとってくれ

無二のパートナーになってしまっていると

ついつい、管理も任せてしまう傾向が

ある。。

 

 

 

その辺は、わかるんですよねぇ。。

 

ただ、

不動産業界は、売買*賃貸と大きく分かれています。

 

他の仲介さんをまわるのを嫌がるような場合は

空室が長引く傾向になりやすいので注意が必要です。

 

賃貸でも、富裕層を得意とする仲介不動産屋さんや

ワンルーム*1K*1LDKと単身者向けが得意な

仲介さんと分かれています。

 

 

ジャンルの違う仲介さんにお願いしていても

契約はおろか、内見を増やすことさえままなら無くなります。

 

とはいえ、仲介不動産屋さんをまわる時は

最初は、管理会社さんに紹介してもらうと

スムーズです。

 

仲介さんを回り始めると、現地のリアルな情報が

入るようになります。

 

中には、塩対応*感じの悪い対応をする仲介さんに

当たるかもしれません。

 

そのような仲介さんは、先ほどお話したように

専門が違うのかもしれませんね。

 

閑散期ならば、親切に対応してくれる

仲介不動産も2~3社でよいので協力を依頼できるように

なると、少しづつ内見も増えていきます。

 

空室が長引くようになったら、管理会社任せにせず、

自主管理するような気持ちで仲介さんを回ること。。

 

内見が増え空室対策